警備員教育

安全を守り、お客様にご満足いただける人材を育てる教育・研修システム

初任・現任教育

新入社員は5 日間にわたる初任研修を受け、社内各部署での実地研修を行った後に各部署へ配属されます。新任研修では警備業法・憲法・刑事訴訟法・社内各種規則・警備士心得等についての講義、不動の姿勢・敬礼・団体行進などの徒手訓練、警戒棒操法や消火栓操法訓練などの研修を通じて、安全を守るスペシャリストとしての知識や技術を身につけます。

全警備士を対象にしたもので、警備業法に基づいて、半年に1 度行います。現実の業務に沿った実務的な研修で、OGR 創立以来のノウハウをもとに、OGR(オリエンタル・ガード・リサーチ)の特性を生かした内容のカリキュラムがあります。

ページのトップへ↑

教育システム

安全を守るため、また社員が実際の職場で迷うことなく正しい判断をくだすための研修を行います。具体的には警備員の質的向上を図る公的資格である警備業務検定資格取得等、教育研修システムの充実に力を注いでいます。

仕事のプロを育成するため、充実した教育制度やキャリアステージに併せた研修システムが用意されています。警備や設備に係る国家資格・各種検定や消防系の資格取得の推進だけでなく、当社独自の社内検定制度もあります。

社員育成体系図

ページのトップへ↑

実践教育

警備業法に基づき実際の業務に沿った実務的な研修で、OGRの特性を生かした内容の実践教育を実施。社員の能力を上げ、警備委託先から信頼をいただいております。

ページのトップへ↑

  • 取引先一覧 詳しくはこちら
  • お問い合わせはお気軽に! 電話:03-3839-1877 メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ